知立市の歯医者さん、シン歯科クリニック

知立市 歯医者 インプラント 歯周病 シン歯科クリニック 求人

インフォメーション

医療法人豊人会 シン歯科クリニック

  • シン歯科クリニック

    〒472-0004
    愛知県知立市南陽1丁目194-2
    TEL 0566-82-6471
    休診日 木曜日・日曜日・祝日

診療表

Q&A

 

よくお寄せいただく質問をまとめました。

参考にしてみてください。質問をクリックすると回答にジャンプします。

歯がぐらぐら動く

進行した歯周病の可能性

歯周病が進行して、歯の支えがなくなってきている可能性があります。

放置すると、最悪の場合歯を抜かなくてはならなくなることもあります。

歯周病というのは、歯の周囲にある歯を支える組織に細菌が感染し、破壊される病気です。

歯周病が進行して、炎症が表面の歯ぐきだけではなく歯を支える骨にまでおよぶと、

支えを失った歯がグラグラとするようになります。

初期の段階で治療を開始すれば、

多くの場合はそれ以上の進行を食い止めることができますが、

そのまま放置すると、やがて歯を支えきれなくなってしまう時がやってきます。

そこまで進むと、無理に歯を残しても十分にかむことができなかったり、

また残した歯が歯周病の原因となる細菌の温床となってしまい、

周囲の歯に悪影響を及ぼしたりする可能性があったりするため、

歯を抜かざるをえなくなることもあります。

 

歯周病という病気は症状が少なく、また非常にゆっくりと進行するため、

症状に気づいたときにはかなり状態が悪くなっていることも珍しくありません。

 

また重症の歯周病の場合、

お口の中全体の状態が良くないことが多いため、

一本だけでなく他の歯も同じような状態になってしまっていることも少なくありません。

最近の研究では、30代以上の人が歯を失う最も多い原因は、

むし歯ではなく歯周病であることが明らかになっています。

場合によっては歯周病以外にも歯をぐらつかせるような問題がひそんでいることもあります。

ぐらつきが気になるようでしたら一度歯科医院で相談されてみてはいかがでしょうか。

 

おはやめの受診、そして、早期発見・早期治療を強くお勧めします。

記事の詳細を記述します。