Menu

インプラント

Home

HOME > 診療案内 > インプラント

当院のこだわりのインプラント治療

安全なインプラント治療を行うために、事前検査は必須です。
外科治療がある以上、事前の全身状態の把握は当然必要ですし、上顎の上顎洞への穿孔や下顎の神経損傷など局所的偶発症を起こさないようにしなければなりません。
また、せっかくインプラントを埋入しても位置が悪ければ噛めない・磨けないなどの状況にもなりかねません。

そのためにも、次のようなことが必要となってきます。

既往症の検査

今までの歯科医療の経緯や歯を失った原因の検診を行います。

現症の検査

現在のお口の中の状態や歯周病になっていないかなどチェックします。

口腔内模型検査

歯型を採取し、模型を作り、噛み合わせや歯の並び・歯肉の形態を調べます。
また、インプラントを正確に埋入するために必要なステントという装置をこの模型で作成します。

レントゲン・CT検査

骨量・骨質・骨形態を当院のレントゲンにて確認します。
また、骨の厚みや形態をより精査するために、提携病院でのCT検査は原則必要となります。

内科的問診

インプラント治療に支障となる病気や薬を服用されてないか確認します。
必要に応じ、かかりつけ医への対診や検査依頼を行います。

以上のことを行った上で、埋入方法・期間・治療費をご提案させていただき、十分ご納得いただいてから行います。

インプラントを埋入することは、患者さんにとっても簡単なことではありません。

インプラントを入れることがその人にとって最も良い治療ではないこともしばしばあります。

個々のケースによって異なるため、他のプランを交えつつ、ご納得されるまで相談させていただいております。

インプラント治療の流れ

カウンセリング・検査など

代替画像

上記記載にあるインプラント相談(カウンセリング)と事前の検査を行います。
その後は、以下の流れで行っております。

一次オペ インプラントの埋入

一次オペ インプラントの埋入

患者さんの顎の骨にインプラントを埋入します。
埋入するのに必要な骨の量が少ないときは、骨移植等の処置を同時に行います。

しっかりとした設備とインプラントに精通した歯科医師が行いますので、術中にほとんど痛みはありません。

二次オペ アバットメントの装着

二次オペ アバットメントの装着

1回法という手術法では、一次手術においてインプラントは頭だしされているためにこの手術ステップはありません。
一方、2回法のインプラントでは骨の治癒後、粘膜を切開してインプラントの頭を出します。

冠の作成

二次オペ アバットメントの装着

治癒期間の終了後は、型を取り、人工の歯を作ります。
形や色などは患者さんに合わせて作製し、インプラントに取り付けます。

これで治療は全て完了です。あなたの新しい歯が誕生しました。

メンテナンス

メンテナンス

インプラントを長期に亘り、使っていただくために、こまめなメンテナンスを行うことが必要です。
私たちと一緒にインプラントや自分の歯を大切にしていきましょう。

インプラント治療事例