Menu

メンテナンス

Home

HOME > 診療案内 > メンテナンス

メンテナンス(予防・管理) -プロによる歯のクリーニング-

メンテナンスって何するの?!

PMTCとは・・・

専門家(歯科医師・歯科衛生士)により

専用の器械を使用して

歯を

磨き上げる

PMTCは自分ではできません!

歯と歯の間 歯と歯肉の境目

歯や歯の周りには、バイオフィルムと呼ばれる細菌が作った膜ができます。
バイオフィルムはうがいや通常のブラッシングでは、なかなか取り除けません。
PMTCにより専用の器械を使って取り除くのが最も効果的な方法です。

また、歯ブラシの届かない所に汚れがたまりやすくなります。PMTCはそのような所の汚れもきれいに落とします。

PMTC 3つの効果

歯質の強化

研磨用のフッ素入りペーストにより、再石灰化(カルシウム等)を促進し、歯のエナメル質を強化します。

むし歯の予防

細菌性バイオフィルムを破壊し、プラークを除去し、再付着を防ぎ、むし歯を予防します。

また、エナメル質表面へのカルシウム補給を助けます。

歯周病・歯肉炎の改善・予防

歯面から歯肉縁下1~3mmのプラークを除去することにより、歯肉の症状を改善します。また、歯肉が引き締まってきますので、歯周病・歯肉炎の予防にもつながります。

バイオフィルムについて・・・もう少し詳しくお伝えします!

バイオフィルム

むし歯や歯周病は細菌感染によって起こります。歯の表面や歯周ポケット内部のプラークが成熟して形成される細菌が作った膜・バイオフィルムが主な原因です。

バイオフィルムは細菌がフィルム状のバリヤーに覆われているため、生体の防御メカニズムで細菌が排除されないだけでなく、抗生剤や殺菌剤などの化学療法も効果的ではありません。
PMTCは、このバイオフィルムを除去できる最も効果的な方法です。

PMTC術式

PMTC術式

汚れの膜を専用の器具を使ってフッ素入りのペーストではがし、丁寧に気持ちよくお掃除します。口臭が気になる方も清潔にすることで改善します。

歯周病の検査とポケット内洗浄

歯周病の検査とポケット内洗浄

ポケット内のプラークや新たに付着した歯石を取り除きます。

プラークコントロール

健康な歯や歯肉を維持するためには、ホームケアが不可欠です。
ブラッシングの習慣を確認させていただきます。

フッ素塗布

フッ素

むし歯の予防になるフッ素を塗り、歯質を強化します。
※必要により、担当医によるチェックもさせていただきます。

治療終了後はメンテナンスを受けましょう!

長期間の治療お疲れさまでした。

 

当院では、治療が終了した後でも定期的なメンテナンス(予防・管理)をおすすめしています。

 

歯周病やむし歯は生活習慣病といわれ、一度治療を終えられた方でも時間がたつといつの間にか自己流の磨き方に戻ってしまい、

歯周病を再発させたり、むし歯を新たにつくってしまいがちです。

 

 

自己管理だけでは限界があるので、メンテナンスを定期的に受けて、健康な状態を維持しましょう。